English

「英語が話せない」という日本人

皆さんご機嫌いかがでしょうか、ちいです。

英語の講師を20代前半から始め、
結婚・出産を経て、途中でお休みもしましたが、
トータルで10年近くの間、色々な生徒さんとのかかわりがありました。
一番新しい経験はオンラインの英会話講師になります。

そんな中、幼児(年中さん)から大人まで様々な生徒さんと一緒にレッスンをして感じたことがあります。
それは「英語話せない」という生徒さんがあまりにも多いということです。
これって本当に「英語話せない」と言った生徒さんが全員が全員全く話せないのでしょうか。

自己評価の低さが英語学習に影響する

「英語が話せない」
「英語が上達しない」
これ本当にたくさんの日本人生徒さんの口から出てきます。
ついさっきご自分のお仕事(もしくは学校や趣味)についてペラペラと英語で話せてましたよ(*'ω'*)
とフォローしても「全然ですー」とかなりの謙遜をされます。

謙虚でいることはとても素敵だし、もちろん多少は社交辞令が入っていると思うのです。
でも、「話せてますよ」と言われても
「ありがとうございます」と素直に受け取れないのも日本人の特徴のように思います。

もうこれは日本人の性質でしょうね。
「いやいやそんなそんなまだまだです」
褒められて嬉しくない人はいないと思うので、社交辞令で「話せなくて」と言われてるところもあると思います。

それ今すぐやめましょう(*^▽^*)
今すぐ、です。

なぜかというと、自分自身にとってものすごく良くないからです。

できてない、下手くそだよと言い続ける応援団は今日で解散

あなたの一番の応援団は誰ですか。
あなたのことを生まれた時から死ぬまで応援してくれる人って一体誰でしょう。

と答える人もいるかもしれない。
でも違うんですね。
あなたの一番の応援団団長、チアリーダーはあなた自身です。
生まれた時から死ぬまでの間、
あなたのそばにいてあなたと苦楽を共にするのはあなただけなんです。
「ちょっと何言っているかわかんない」と思われる方もいるかもしれません。
大丈夫です、きっとその内わかる時が来ます。

想像して下さい。
あなたの耳元でずーーーっとネガティブなことを言い続ける応援団を。
英語の点数が上がった!と喜んでも「でも全然会話上手にならないね」。
新しいフレーズを覚えた!と思っても「日本人アクセント抜けないよね」。
昨日までわからなかった文法がスラスラわかるようになっても「気のきいた返しができないよね」。
どうですか?このマイナスエネルギー!!!

書いてるだけで気が滅入りそうです。
読んでいる皆さんもあまりいい気分にはならないと思います。
でも、私たちは誰しもが自分自身に似たようなことを言ったり思ったりしているんです。
もっと自分の頑張りを大げさだなくらい褒めていいんです。
めちゃくちゃ頑張ってるじゃんって喜んでください。
できるようになったことにフォーカスをして下さい。

だって、誰もあなたのためにやってくれないよ?
それなら誰があなたのためにやるのよ?
あなたですよ!

日本人はもっと堂々と英語を話していい

私自身、高校卒業後に渡米し、カリフォルニア州の短期大学で2年間過ごしました。
帰国後、現在の会社に勤めるようになり、
現在の部署は従業員の80%がアメリカ人という特殊な環境で働いています。
そんな中たったの一度も
「ジャパニーズアクセントってみっともない」
「間違った言い方をして恥ずかしいよ」
「ちゃんと英語を勉強してから喋って」
「イントネーションがネイティブと違うから理解するのが大変」
と言われたことはないです。

「何て言ったの?」はありますよ、もちろん。
母国語が日本語の私は英語が第2言語なので、
わからない単語や知らないフレーズなどたくさんあります。
そんな時はみんな教えてくれます、こちらが学びの姿勢を持ち続ける限りは。

逆に「日本語を教えて」と言われることもあります。
言われたら嬉しいですよね。
自分の国に対して興味を持ってもらうことはなんだか嬉しいです。

知らないことがあるから人生は面白い

知らないことを知るってすごいことです。
知らなかったことがあるって知ることが第一歩です。
英語を話せるようになりたい!と決めた瞬間から
今日まで頑張ってきている自分自身をたくさん褒めてください。

自分自身が軸を持ち、自分自身とガッチリ手を組んで前進しだしたら
周りの騒音や彼らの気分次第で変わるあなたの評価が何の影響力も持たないことに気づきます。
例え周りが好き勝手言っても、あなただけはあなたの一番の応援団でいてください。
自分自身の応援団長でいる人は、他の応援団にも尊敬の念をもって接します。
かっこいい応援団長があちこちにいると考えただけでワクワクしませんか。
そして、その応援団長達が力を合わせて何かを成し遂げようとする・・・可能性は無限です。

さて、最後にもう一度言います。
自分自身の一番の応援団長になってください。
今この瞬間からなってください。
そして、自分の目標に向かって一緒に歩みを始めてください。
あなたならきっとできます。

Wishing you the best of luck.
With Love,
Chihiro.

-English

© 2020 The Blueprint Powered by AFFINGER5