英語学習過程でぶち当たる壁

04/25/2020

こんにちは、Cheeです。
皆さんご機嫌いかがでしょうか。

今日は英語学習をしている人なら必ずと言ってもいいほどぶち当たる壁、「スピーキング力が伸びない」というお悩みの方向けの記事になります。

まだ英会話は初めてないけど、興味がある方、もしくは学習を始めたばかりの人にも有益な情報です。

この記事の内容は、

目次
  1. 英語学習をすると出てくる悩み
    • 共通して持つ悩み、それはスピーキング力
  2. スピーキングで悩むあなたに朗報
    • 誰もが通る道
    • 日本人アクセント、下手な発音ってダメですか
  3. Rome was not built in a day – ローマは一日にして成らず
    • ベタですが、『継続は力なり』は真実
    • 肩の力を抜いてみよう
    • 継続するためには自分自身とタッグを組んで取り組むのみ

本題に入る前に、私の経歴を簡単にまとめてみました。

Cheeの経歴
  1. アメリカのコミュニティカレッジ(短大)にて修士号取得
  2. 帰国後、約10年間英会話講師(幼児~大人と一通り経験あり)
  3. TOEIC 930点
  4. 小学英語講師資格取得経験あり(更新していませんが)
  5. 現在は職場で使う言語の80%以上が英語という特殊な職場に勤務
  6. 国際結婚なので日常生活でも英語を使用

本からだけの知識ではなく、実体験に基づいて具体的なアドバイスができることが売りです。

1.英語学習をすると出てくる悩み

誰もがほぼ間違いなくスピーキング(話すこと)で悩みます。

自分の体験だけではなく、生徒・職場の人たち・友人がシェアしてくれた悩みの数々。

  • 発音が苦手(特にf, v, l, r, )
  • 日本人アクセントが気になる
  • ネイティブみたいにかっこよく話せない
  • 会話表現のバリエーションが少ない(いつも同じような言い回しになる)
  • とっさの一言が出てこない

英語初心者は発音で悩み、長期的に英会話に取り組んでる方も途中から「映画やテレビで見る英語圏の人たちのようにかっこよく話せない」などの悩みがでてくるようです。

皆さんにも当てはまりますか?

2.スピーキングで悩むあなたに朗報

誰にでも悩みは尽きないもです。それは英語学習に関しても同じです。そんなあなたにグッドニュースがあります。大事な所なので心して聞いてください。

グッドニュースとは、『完璧に話せなくてもいい』ということです。これは慰めや気休めでもありません。真実です。

ここでおもしろいデータを見つけました(ありがとうGoogle先生)。

  • 『英語を第一言語(母国語)としている人口』は世界で3億6000万人
  • 英語を第二言語で話す人口は世界で約10億人
  • ちなみに日本の人口は1億2000万人(2020年4月現在)

つまり、「英語が母国語です」って人よりも「英語が母国語でないけど英語も話せるよ」って人たちが断然に多いんです。

何を言いたいかというと、

  • 発音がすっごく綺麗で
  • 英語の端々に出てくる母国語アクセントが全然なくて
  • 文法も完璧でイントネーションを美しく
  • 日本人が想像する『ネイティブスピーカー』のような
  • 完璧で美しく、非の打ち所がない英語を話せる

↑↑↑ような人↑↑↑に出くわすよりも、

  • 発音やイントネーションの癖がすごくて
  • アクセントもめちゃくちゃあって
  • 文法もなんか違うし
  • だけど言ってることは伝わってくる

↑↑↑ような人↑↑↑に出くわすほうが多いってことです。これ本当!!私の職場の外国人は皆アメリカ人ですが、移民のバックグラウンドを持った人が多い。

ベトナム人、メキシコ人、フィリピン人、イタリヤ人、ブルガリア、ブラジル、ドミニカ共和国、トーゴ、ナイジェリアなどなど。

ほとんどが母国語のアクセントが英語に反映されているし、発音も癖があったりする。時には何て言ってるかわからないこともある。

皆さんはそんな彼らが「何で英語が上達しないんだろう!」と悩んでると思いますか?

「ネイティブスピーカーの綺麗な発音に比べ、私のアクセント満載の発音と言ったら恥ずかしいにもほどがある」と自分を責めてると思いますか?

答えは「そう感じることも人によってはあるかもしれないけれど、大半の人たちは『生きていくためのツールだからうじうじ悩んでる暇なんてない。仕事だ、仕事』」みたいな感じじゃないかな、と思います。

日本語にも方言や訛りがあるように、英語を母国語とする人たちにも方言や訛りってあります。少なくとも外国人は自分たちの英語をネイティブと比べて卑下したりすることはないようです。

私は「日本語アクセントがあって当たり前。FとV、LとRの発音苦手で上等。だって日本語が母国語だもん。それが日本人としての個性、あなたの一部。必死で努力している人は尊敬される。発音の練習はとても大事だけど、英語力以上に人間力が必要だよ。自分らしく、堂々としてね。」と今まで生徒さんに伝えることが何度もありました。

あなたが発音間違えたからって、相手はたいして気にも留めてないことが大半だったりします。リラックス(^^)

3.Rome was not built in a day ~ローマは一日にして成らず~

ベタですが、『継続は力なり』は真実です。私は小学校6年生の2学期に英語の魅力に気づき、現在まで英語に縁がある毎日を歩んできています。知らない単語はまだまだあります。それは漢字を知らないようなものだ、と考えています。

先ほどリラックス、と書いたように肩の力を抜いてみましょう。完璧を目指していたら息が詰まりませんか。息が詰まる人とは友達にはなれません(笑)

英会話に間違いがあっても相手のことを気に掛ける優しい人、楽しい人のところに人は集まります。何のために英会話を始めたか、初心を思い出してみて。

また、英語学習を継続するためには自分自身とタッグを組むことが大事。どういうことかというと、自分の頑張りを認め、褒め、分析し、対策を練り、また取り組む。

あなたの最強のパートナーは間違いなくあなたです。

最後に・・・

英語学習をしてきて、また講師として生徒さんたちのサポート役を経験して感じることは、英語学習には精神的強さも必要ということです。

コツコツと努力を重ねている皆さんはすごくタフな精神を持ってます。自信をもってこれからも続けていきましょう!

長くなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。感想や質問など残してくれたらめちゃくちゃ嬉しいです。

では、See you soon!

Learning

Posted by Chee